2007年02月04日

吉田君はホントに大きくなるの?

♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥


こんばんわ erikoで〜す手(チョキ)


まずはみなさまにお礼を。。。
昨日も書いていたんですが人気brogランキングへのクリック
ほんと〜にありがとぉ揺れるハート





前日は800位くらいだったんですが
本日は28位に急上昇グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)








ホント 何度お礼を言っても足りないくらい ウレシイわーい(嬉しい顔)
20位以上には大きな壁があるようですが
30位以内に入ることが出来ただけでも ホントみなさんに感謝です。









もし10位以内なんかに入ちゃうような事があれば
みなさんに何かお礼をしないとねっ黒ハート
何か気になる人は文の最後にボタンがあるので
クリック投票してね〜キスマーク




今日は飲み会があったんですが 早く切り上げて帰ってきました
だってみんなの期待の投票クリックに答えられるよう
blogアップしないと〜と思ってね (。◠‿◠ฺ。)










では昨日の続きに行ってみましょ〜ダッシュ(走り出すさま)



eriko:「うん 全然分らない って言うか吉田君 小ちゃくない?」
吉田君:「ちっ(怒った顔)
    「違うの今は小さいけど 大きくなると 標準サイズより
     大きくなるの」

二人:「へー」


吉田君:「ホントだって」
    「じゃあ 大きくするから eriちゃん手伝ってよ」


eriko:「なんで 私が・・・。」


吉田君:「だってタダで俺のチ○コ見たじゃん」
    「手でしごくか パンチラするか その谷間に指挟ませてよ」


eriko:「そんな〜〜」









(今日はHするなんて予定に入ってなかったし ショーツも可愛いのはいて来てないし、、、)











eriko:「じゃあ 谷間見せるだけじゃダメ?」
吉田:「えぇー それじゃーダメだよー」
   
eriko:「じゃあ 見せるだけで大きくなったら触ちゃダメだよ」
吉田:「ダメだよ 谷間見せるくらいじゃ元気にならないって」











谷間を見せるeriko
(一応 eriko 谷間をつくらなくても 谷間はあるのぴかぴか(新しい)) 

そしたら 見せた途端 吉田君のご子息に変化が。









吉田:「あっ やべあせあせ(飛び散る汗)
eriko:「ぷぷぷっ。元気になってんじゃんわーい(嬉しい顔)


吉田君のご子息は一気に天井を見上げてます。












eriko:「あら ホント 確かに大きくなったね」
    「うん うん標準サイズ?がどれくらいか分らないけど
     全然小さい方じゃないかも」
吉田:「でしょ〜」








   「て 言うか 前から思ってたんだけど eriちゃんすごい
    スタイルいいよね。 胸 何カップ?」
eriko:「まーね スタイルは自信あるんだ カップはF」
吉田:「えええ エフexclamation
吉田:「A,B,C,D,E,F」
   「すげーFか」

   「でもその谷間ブラに何か入れたり 寄せて上げてんじゃないの?」









   
触ろうとする吉田君









eriko:「ダメだって触ちゃ〜 そんな古典的なワナにはかかりません」








    
吉田:「だってこんなに大きくなちゃったの どうにかしてよ」
eriko:「知らないよ そんなの」
吉田:「じゃあ自分で処理するから下も見せて」
   「お願い お願い お願い」
   「坂井 お前からもお願いしろよむかっ(怒り)










坂井:「あ んー 」
eriko:「坂井君は別にいいみたいよ」
坂井:「いや んー やっぱ見たいかなたらーっ(汗)

eriko:「えー もう坂井君まで  でもパンティ見せたらお終いだよ」
吉田:「うん おしまい おしまい」










チラっ目










吉田:「見えなかった な 坂井 見えなかったな」
坂井:「・・・」


じゃあ もう一回 目


吉田:「あぁぁぁぁぁぁー たまらん 」
といいながら一人でしごきだすダッシュ(走り出すさま)










坂井君の股間もパンパンになってるみたいわーい(嬉しい顔)

吉田:「eriちゃん ちょっとだけ ちょっとだけ 触って」
   「お願い お願い」

無理やり握らされるー(長音記号2)

eriko:「ダメだって」
と言いながらもerikoもムラムラきてたから しごいちゃったわーい(嬉しい顔)
















そこからはアダルトビデオで見た事ある ような展開に
吉田:「先っちょだけでいいから 舐めて お願い お願い」
eriko断れないタイプだし 舌でペロって舐めたげた。
というか 実は舐めたかったのฺ(๑≧♉ฺ ≦)テヘッ♡












気が付けば いつの間にか上半身裸にされてて

その頃 坂井君は・・・

少し離れたところでじっと見てるの ふらふら

吉田:「坂井 お前も触らせてもらえ!」
坂井:「いや でも・・・」
坂井:「・・・」








eriko:「ちょっとだけ だったらいいよ揺れるハート
坂井:「ほんとっ じゃあ」












ここからご想像の通り3Pになるかと 思ってたら
坂井君ホントにコンプレックスがあるみたいで上半身は裸になってるのに
ジーンズは脱がないの












eriko:「下も脱ぎなよ」
坂井:「いや いいの」
eriko:「それじゃ eriko 触れないよ」
坂井:「いや いいの」
eriko:「えー それじゃあ 何もでき、、、 あ〜ん吉田君ダメ〜」








結局 吉田君とひとつになってる時に 坂井君がいないな〜 と
思って目を開けてみたら 少し離れた所で一人でしごいてたあせあせ(飛び散る汗)











eriko:「坂井君 こっちでいっしょに、、、 
       あ〜ん あ〜ん 吉田君いい〜黒ハート










坂井君は 童貞を無事卒業できるのでしょうか?













続きが読みたい方はクリック(๑→ܫ←๑)よろしくお願いしまーす♥♥♥

erikoに愛の1票を・・・ぴかぴか(新しい)






posted by ☆彡 eriko ☆彡 at 03:24| Comment(16) | TrackBack(0) | ちょっとHな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真夜中にこんな濃い〜の読んじゃったら、
目が冴えちゃうじゃん!!!

オカズにさせていただきます(๑→ܫ←)
Posted by ☆GOD☆ at 2007年02月04日 04:17
文章って興奮するね♪
ごちそうさま♪
Posted by at 2007年02月04日 04:47
erikoちゃんは、我ら…
いや全世界の救世主に思えてきてしまったよ(゚д゚)ソソッ

次の展開を楽しみにして松ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
Posted by WISH at 2007年02月04日 05:12
 やはり、すごい展開になってきたなー!

 童貞君、がんばれ!応援しちゃいたくなった。
Posted by cooちゃん at 2007年02月04日 07:29
なんて羨ましい展開なんだ!
次が気になるぞ、童貞卒業か?!
オレも参加したい笑
Posted by なつき at 2007年02月04日 07:54
ゴクリ!
そ、それでできてしまうなんて・・・よ、よしだくん、ずるい!!
Posted by 旅坊主 at 2007年02月04日 09:17
いいな〜
俺も参加したいよ。
Posted by マッチ at 2007年02月04日 09:42
それで、どうなったの?
本当によ、よしだくんずるいよー
でも童貞の坂井君はがんばれ。
Posted by ともさん at 2007年02月04日 09:55
続きが気になる〜
Posted by あっくん at 2007年02月04日 12:39
どうなるんでしょうか、わくわく…
Posted by シュンババ at 2007年02月04日 13:20
中々・・・
普通の飲み会ネタかと思いきや、
読んでて続々しました!
Posted by koba at 2007年02月04日 14:55
いいないいな〜・・・Fカップか♪
僕も中に入る〜!!
Posted by ヒロ at 2007年02月04日 15:35
吉田君になりたい!
でも坂井君もいいですねぇ〜(^^)
Posted by 寿司 at 2007年02月04日 18:17
ほんとにうらやましいシチュエーションですなぁ
Posted by ネリヤカナヤ at 2007年02月04日 18:25
なんて夢のような展開なんですかっっっ!!!
いーなー(笑)
Posted by ダイケン at 2007年02月04日 20:40
読んでたらチンコたった
Posted by サノバ at 2007年02月04日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32781640

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。